成年後見 川越市 

代表ご挨拶

ご挨拶

 私たち成年後見川越サポートセンヤーの会員は、埼玉県社会保険労務士会川越支部に所属する開業社会保険労務士です。
 平成22年4月1日、志を同じくする仲間とNPO法人 成年後見川越サポートセンターとして設立登記いたしました。(平成27年11月1日現在会員数は10名です)
 埼玉県社会保険労務士会の自主研究グループに成年後見等部会がございます。
月に1度例会がございます。その会で、成年後見制度について数年前から研鑚に努めてまいりました。
 成年後見制度は、平成12年4月1日(西暦2000年)施行されました。
そのころ少子高齢化、核家族化と、わが国のお年寄りの占める割合が2割を超え3割に達しようとしていました。
 そんな時代背景の中、成年後見制度は、介護保険制度と同時に、満を持して施行されました。
 介護保険制度は、今では、すっかり日常生活の中に溶け込んで、デイサービス、ショウトステイ、ケアマネイジャー、こんな言葉が人々の会話に飛び交います。
 一方の成年後見制度は、どうでしょうか。
必要とされている方は、100万人単位でいらっしゃいます。
 精神上の障害で、判断能力が不十分な方です。
認知症、知的障害、精神障害の方たちです。
 私たちは、そんな精神上の障害のある方たちの力になりたいのです。
後見人を受任することは勿論ですが、成年後見制度を一人でも多くの方に、知って頂くことが我々の使命だと、痛感しております。
 現在、川越市との協働事業に参画して、(所管課は、高齢者いきがい課)2か月に1度の(成年後見制度 介護保険 障害年金)無料相談会、春 秋2回の「成年後見講座」また10月開催の「川越市産業博覧会」にブース出展して無料相談会を実施して参りました。
 私たちは、今後も成年後見制度の普及、啓蒙に全力を傾注してまいります。
何なりと、お声をかけてください。
 一人では無理でも、グループみんなで知恵を絞って、あなたの力になりたいと思います。

 

代表理事 浅見精一

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional